たなかきょおこ-旅する絵描きの絵日記/Kyoko Tanaka Illustrated Diary


Copyright(c) 2010 Kyoko Tanaka All Right Reserved.
by tanakakyoko
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
オットー・ネーベル展
at 2017-09-13 00:00
銀木犀
at 2017-09-12 00:00
早川駅 小田原市早川
at 2017-09-11 00:00
角野栄子『魔女の宅急便』展―..
at 2017-09-10 00:00
長崎と天草の教会を旅し…
at 2017-09-09 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:展示・映画等 Arts( 108 )


オットー・ネーベル展

チラシを見て一目惚れ。
これは楽しみ!
カンディンスキーとかクレーとか
大好きなので、とても気になる。

オットーネーベル展

自分へのメモ代わり。
10/7−12/17

[PR]

by tanakakyoko | 2017-09-13 00:00 | 展示・映画等 Arts | Comments(0)

角野栄子『魔女の宅急便』展―魔女とおばけと―」


a0315977_14384476.jpg
港の見える丘公園のすぐ近く、
神奈川近代文学館でやっている
角野栄子さんの展示に行ってきた。

直筆原稿や、本の原画、ブラジルに渡った時の船のチケット(!)
などなどが展示されていて角野栄子ファンには楽しい展示。

紙で簡単に作れるジジの帽子やおばけのアッチとかもあり、
最近小さなおばけシリーズに夢中の小さい人もかなり楽しかったみたい。
大人用の魔女変装セットもあります。

久しぶりの横浜だったので、中華街でご飯食べて、
元町ぶらぶらして、観光気分。

今回地味に一番衝撃だったのは、元町中華街駅からエレベーターですぐ
坂の上にあるアメリカ山公園まで行けること。
今まで違う出口から出てたので、あの結構な坂を一生懸命歩いて
登っていたのに一瞬で坂の上に行けるなんて知らなかったよ!


[PR]

by tanakakyoko | 2017-09-10 00:00 | 展示・映画等 Arts | Comments(0)

長崎と天草の教会を旅し…

a0315977_14343528.jpg
少し前に小説、「かっこうの親もずの子ども」を読み、
五島列島行ってみたいなぁとなんとなく思い、
最近「長崎と天草の教会を旅して」を読み
完全に行きたい‼️モードに。
海外行こうかなと思ってたけど、次の旅先は長崎かも。。

厳しい中で建てられたのに残された小さな教会。
船旅、自然、小さな島。
好きな要素がぎゅっと詰まっている気がする。

ひょんなことからある場所がすごく気になり始め、
行こう!と思うとワクワクドキドキするこの感じ。
ここからすでに旅は始まっているのだよね。
バルト三国もクロアチアもこんな感じで行ったんだよなぁ。




[PR]

by tanakakyoko | 2017-09-09 00:00 | 展示・映画等 Arts | Comments(0)

ベーコンといちごジャムが一緒にある世界へ

a0315977_14250849.jpg
夜ぼーっとしていたら友達からライン。
(金曜の夜は大抵早寝なので起きてたのは珍しい)
”Mステにオザケン出てる!”

おかげで、オザケン&セカオワの
フクロウの歌が聴こえるを見ることができた。
オーケストラの前で熱唱する小沢健二は
もうめっちゃいい感じで、ああこれが観れてよかった、
なんなら生きててよかったよ、と思うくらいだった。
セカオワはほとんど見たことも聞いたこともなかったけど、
あの夜のパフォーマンスはとってもよかったな〜。

ベーコンといちごジャムが一緒にある世界へ〜♪

[PR]

by tanakakyoko | 2017-09-08 23:59 | 展示・映画等 Arts | Comments(0)

この夏の音楽

a0315977_14001243.jpg
この夏たくさんたくさん聞いた曲は
never young beachの「明るい未来」と「夏のドキドキ」
聞きすぎて、声が似てるからというだけで
高橋一生さんも好きになりそうな勢い。

さらに夏の終わりにぶち込まれたtendouji。
10代後半くらいに流行ってたハイスタ(年がばれるな)
とかモンパチを思い起こさせるような感じなんだけどメロディーが
キャッチーすぎるよ。
tendoujiの「Get up!」「GOLD」
前述の2曲にこの2曲合わせて無限ループできそうです。

前から好きな曲は変わらずあって、
新しくいいなと思う曲の出会いもあって、
幸せなことだと思う。

[PR]

by tanakakyoko | 2017-09-03 00:00 | 展示・映画等 Arts | Comments(0)

<無事終了しました>街と人

a0315977_10342938.jpg
<8/27無事終了しました>
連日猛暑の中、たくさんの方が来てくれました。
本当にありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨年12月箱根旅行の帰りに偶然立ち寄った際に、
「海も近くてなんだかいい街だなぁ」と感じたのがきっかけで、
なんの縁もゆかりもない小田原に移住して2ヶ月。
嬉しい驚きは、大好きな古い洋館や日本家屋が
ものすごくたくさん残っていたこと。
それも文化財として保存、とかではなく今なお現役の
家屋として店舗として街の生活の中に溶け込んでいるのです。
その様子に本当に感動して、今回は小田原の建物と人を
描くことにしました。外苑前で小田原の魅力を勝手に発信!

というわけで前置き長くなりましたが、グループ展のお知らせです。
まだまだ暑い時期ですが、よかったらぜひお越しください。

----------------------------------------------------------
街と人 @DAZZLE外苑前
2017年08月22日(火)~ 2017年08月27日(日)
12:00~19:00 (最終日17:00まで)
大谷美保子 たなかきょおこ 藤岡詩織

生まれた街、暮らす街、働く街、訪れた街、去った街。 
そして街に生きる人。

[PR]

by tanakakyoko | 2017-08-27 00:00 | 展示・映画等 Arts | Comments(0)

Aではない君と

a0315977_16512685.jpg
繊細なタッチが大好きな君野可代子さんの装画の本を
さりげなく本屋でめくったら、あまりに引き込まれて
苦しいけど読むのを止めることができず、読了してしまった。
買えよ。。しかし家に置いておくにはあまりに重い少年犯罪というテーマ。
こういう類の小説は普段あまり読まないけれど、
丁寧に少年事件のことが描かれた素晴らしい小説だった。

7月は他にもおもしろい小説をけっこう読んだ。
ページをめくるのももどかしいような
どんどん読みたくなる感覚は至福の時。

とにかく効率よく全てを進めようとしていた数年前は
小説を読んだり、テレビを見たりする時間は無駄だ、
と、小説にはあまり手を出さないようにしていた。
無駄こそ贅沢で楽しいものなのにね。
最近は再びどっぷり読書の日々だ。

[PR]

by tanakakyoko | 2017-07-27 00:00 | 展示・映画等 Arts | Comments(0)

龍雲丸のちまりぶ

a0315977_09502349.jpg
大河ドラマほとんど見たことないけど、
柳楽優弥演じる龍雲丸が出てきた後の数回は
毎回録画して楽しみに見ていた。

龍雲丸は盗賊団のかしら。
こういう役ほんとハマるなぁ。
完全に個人的な好みですが、
優等生っぽい好青年役とかを演じてるのを
見るとがっかりしてしまうので
今回の役はすごく好きだった。
あーだから龍雲丸だったのかー。
もう出てこないのかなー。と1週遅れで
録画したドラマをしんみり見ていてふと思い出す。

まりぶ君が出てくるゆとりですがなにかの
スペシャルドラマ、もうすぐだ〜!
7/2&9ですよ!楽しみ。






[PR]

by tanakakyoko | 2017-06-19 00:00 | 展示・映画等 Arts | Comments(0)

今一番ときめく本

a0315977_09285612.jpg
↑写真集に載っていたヴェルナッツアの海の写真を貼り絵で再現

今一番ときめく本、それは
「イタリアの最も美しい村全踏破の旅」
吉村和敏さんの写真集。
実は図書館で3回借りている。
買ってしまうと本棚にしまいこんで出さなくなるから
買おうか未だに迷っている。。

イタリアの村々のとんでもなく美しい風景と
人々の暮らしが、素晴らしい大量の写真で
垣間見られるとっても分厚い本。
何度もページをめくってはニヤニヤうっとり。

ヨーロッパの田舎の風景がとても好きだし、
その田舎を歩くおじいさんおばあさんの光景とかも
きゅんきゅんする。(最近のブログスケッチでもよく登場)
街の中心に建物が密集、城壁でたら畑と自然、みたいなのは
イタリアっぽいなと思う。

同じシリーズのフランスバーションもあるんだけど、
イタリアの方がときめき度がかなり大きい。

10代20代の頃はフランスに憧れかぶれ、
フランス語を勉強したり、卒業旅行のヨーロッパも1ヶ月のうち
半分以上をフランスで過ごしたのだけど、
30代に入って俄然イタリアの方がときめくようになってきた。
そして思い返せば、その卒業旅行で一番インパクトがあったのは
ナポリとカプリ島の美しい風景、汚い街に洗濯物が干されている日常の風景、
そしてポンペイなのだった。めっちゃイタリアやないかーい。

またイタリア行こうっと。

[PR]

by tanakakyoko | 2017-06-10 00:00 | 展示・映画等 Arts | Comments(0)

滝平二郎の世界展

a0315977_06454145.jpg
少し前のことだけど、
三鷹に滝平二郎の世界展を見に行った。

「モチモチの木」のイメージしかなかったけど
(小さい頃家にある絵本、モチモチの木の表紙が怖かった)
作品たち、素晴らしかった。

版画の時代の少女の絵、
きりえを始めてからの四季を切り取った作品群。

昭和の時代の日本の風景を鮮やかに表現している、
(今60代以上の人だと懐かしいと感じるような)
という点では大好きな谷内六郎さんにも通ずるような。

空いてたし、じっくり作品見られて良かった!



[PR]

by tanakakyoko | 2017-05-19 00:00 | 展示・映画等 Arts | Comments(0)