たなかきょおこ-旅する絵描きの絵日記/Kyoko Tanaka Illustrated Diary


Copyright(c) 2010 Kyoko Tanaka All Right Reserved.
by tanakakyoko
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
前倒し
at 2017-05-23 20:00
ザ前者
at 2017-05-22 00:00
毎日暑い
at 2017-05-21 00:00
女子二人
at 2017-05-20 00:00
滝平二郎の世界展
at 2017-05-19 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:旅行 ( 11 ) タグの人気記事


Day8 ドゥブロヴニク最終日は曇り

a0315977_17393230.jpg
↑植木鉢でくつろぐ猫さんたち。旧市街にはかなりたくさん猫がいた

いよいよ滞在も最終日。
そして、滞在中、初めての曇り。
クロアチアに着いてからというもの毎日快晴だったので、
日差しがない中で街や海を見るとまた印象が違う。
本当に毎回天候には恵まれて嬉しい限り。

もはや歩き慣れた旧市街の中をひたすらウロウロ。
お土産を買ったり、港で写真撮ったりしてのんびり過ごす。
夕方の飛行機なので、最後のランチ、おいしいもの食べたいな、
とレストランを物色。
ピレ門から入って左側、階段を少し登ったあたりにある
レストランに決めて入る。クロアチア料理とワインのお店。
ここ、当たりだったと思う。(Moskarと言うお店
少食なので、スープとエビと野菜のリゾットしか食べれなかったけど、
上品な量で、どちらもおいしかった。

その後「最後」だからと連日通ったジェラート屋Dolce Vitaで
くるっと巻いたパンケーキも注文するも大きくて甘くて
結構残してしまった。。

空港へのバス乗り場が結構坂の上で、
荷物持って歩くのも面倒だし、タクシーに乗って空港へ向かった。


[PR]

by tanakakyoko | 2017-05-12 00:00 | バルト三国旅行 Baltic.. | Comments(0)

Day0 旅程

a0315977_10513457.jpg
ちょっとずつ旅日記更新開始。
まずは旅程。
トルコイスタンブール経由でザグレブから入国。
ザグレブ2泊、
うち1日、プリトヴィッツェ自然公園へ日帰りツアー
ザグレブからドゥブロヴニクへ飛行機で移動、
ドゥブロヴニクで4泊、
うち1日、モンテネグロへ日帰りツアー。


[PR]

by tanakakyoko | 2017-04-18 00:00 | クロアチア旅行 Croatia | Comments(0)

●さよならバルト三国 Day7●

a0315977_14383718.jpg

↑ちょうど塔のてっぺんから出ているみたいな飛行機雲

午前の飛行機でいよいよ帰国。
ゆっくりと朝食をすませてバスで空港へ。
(空港は中心部にあるので、バス代、1ユーロ。安い。
これと比べてしまったので、
成田からのリムジンバスが3000円超えで帰国後びびった)

バルト三国、楽しかったなぁ。
こんなに旅日記が長くなるくらい。

そういや空港含め、どこのカフェもすごくいい雰囲気で
オサレな感じがするのはなんでだろう?
と観察してひとつ気づいたこと。

家具が全部ほんものの木。
日本のカフェでよくある木目もどきをプラスチックでつくったような
いすや机は皆無ですべて天然の木なのです。
すばらしいな。

そういえば、滞在中、飛行機雲がものすごーく多かった。
常に空のどこかにあって、飛行機雲同士が交差しまくっている空も
何度も見た。
[PR]

by tanakakyoko | 2016-11-03 00:00 | バルト三国旅行 Baltic.. | Comments(0)

●コラム)ストレージルーム Day5●

a0315977_827482.jpg

夕方にリガを出発するので、ホテルに荷物を預けて
リガの散策に出発。

なのだけど、ホテルに荷物を預けるときにびっくり。

荷物預かってくださいというと
「もちろん。あのストレージルームに入れてね♪」
と指差されるストレージルームは
鍵のかかってないホテルの物置も兼ねた部屋。
入ってみると他にもスーツケースが。
誰でも持っていけそうな感じなんですけど。。
預かり札も何もなし。

タリンのホテルも同様で、まあ普通のホテルだからかな
と思っていたけどリガの4ツ星のホテルも。

性善説に基づいているのか
のんびりしてるのかなんだかゆるくて笑えた。
[PR]

by tanakakyoko | 2016-10-24 00:00 | バルト三国旅行 Baltic.. | Comments(0)

●こぢんまりした街 Day2●

a0315977_8281776.jpg

タリンの旧市街は思っていたよりこぢんまりしていて、
歩いていると「あ、さっきもここ通ったな」なんてことも何度も。

「あそこにもう一回行きたい」なんてときも
気軽に行けるのがとてもいい。

城壁が信じられないくらいきれいにたくさん残っていて、
城壁に登って歩きながら街を見下ろすこともできる。
楽しくて何度も行ったり来たり。

秋晴れで涼しく、20時過ぎても明るい、
散策には最高の気候でした。
[PR]

by tanakakyoko | 2016-10-08 00:00 | バルト三国旅行 Baltic.. | Comments(0)

●意外と楽な移動の日 Day1●

a0315977_16265623.jpg

行きは名古屋経由だったので乗り継ぎ2回。
でも接続がよかったこともあり思ってたよりぜんぜん楽だった。
羽田→中部でゆっくり寝て、
中部→ヘルシンキはずっと起きてのんびり過ごした。
入国審査はヘルシンキで。
最後のヘルシンキ→タリンはなんと約20分という短時間のフライト。
離陸したと思ったらあっという間に到着。

タリンの空港はとっても小さい。
荷物もあっという間に出てきて、
タクシーでホテルへ。中心部のすぐ近くに空港があり、
道も異常なまでに空いていて10分くらいで到着。
ホテル着は18時前くらいだったかな。
曇り空。まだまだ明るい。

軽くご飯食べに出ようかとも思ったけど、
あまりお腹が減っていないので、ホテル横のスーパーで
ビールや軽くおつまみを買って部屋でさっと食べて
まだ明るい19時くらいに寝る。
(20時半ごろまで明るい)
[PR]

by tanakakyoko | 2016-10-01 00:00 | バルト三国旅行 Baltic.. | Comments(0)

エストニア・ラトビア・リトアニア

a0315977_10284688.jpg

早めの秋休みで
バルト三国に行ってきました。

なんでまたバルト三国に?と皆に聞かれたけど、
街並を写真で見て以来あこがれの国々だったのです。

ヨーロッパの古い、そしてこぢんまりとした街並、というのが
どうやら私のツボらしく、特にエストニアのタリンは
旧市街を歩いているだけできゅんきゅんしました。

最近はヨーロッパばかり行っているけど、
今まで行ったヨーロッパの国々と、バルト三国の人々の
印象があまりに違うのもびっくりな発見。
物静かでとても日本人的な感じがした。

というわけで
旅日記も徐々にアップしていきます~
[PR]

by tanakakyoko | 2016-09-17 00:00 | バルト三国旅行 Baltic.. | Comments(0)

ボニンブルー

a0315977_585614.jpg

東京から約1000km。
小笠原が近づくにつれ、
海の色は本当に青く美しくなっていく。

この「ボニンブルー」と言われる海の青を見ると
ああ小笠原に来たんだなぁ、と思う。
[PR]

by tanakakyoko | 2016-06-23 00:00 | 小笠原旅行 Bonin Islands | Comments(0)

Day5 チンクエテッレに到着!

a0315977_72146.jpg


こいつさんの帽子のような岩がモンテロッソにはあります。

列車乗り間違えそうになり猛ダッシュしながらもなんとか
チンクエテッレの一番手前の駅、
モンテロッソアルマーレに到着。
2日間かけてチンクエテッレを回るつもりなので、
「チンクエテッレカード」2日間有効のを購入。

このカードは期間中、チンクエテッレの5駅より
少し範囲が広くレバント駅~ラ・スペツィア駅の
列車が何度でも乗り放題、バスも一部乗れるし
Free Wifiのパスワードも書いてあるので
チンクエテッレを観光するにはとても便利なカード。

カードも買ったし、
とりあえず駅出てぶらぶら散歩することにする。
目の前が海沿いの道で白砂のきれいな
ビーチを見ながら歩いているだけでも
ものすごくテンションあがります。
海の色、ターコイズブルーだよ~!超きれいだよ~!

しばらく歩いていくと眼下に遊覧船を発見。
船に小走りで近づいている人もいて、
もしかしてもうすぐ出発?と思って私もとりあえず行ってみる。
なんかよくわからないけど、あっさり船に乗せてくれて、
乗ったらすぐに船が出発。
なんかよくわからないけれど、遊覧船で移動することに。

(後で考えると先に乗っていた韓国人観光客の団体の
 1人と間違えられていたのかも。)
[PR]

by tanakakyoko | 2016-04-26 00:00 | イタリア旅行 Italy | Comments(0)

Day3 ワインを1杯

a0315977_8284880.jpg

宿に戻って休憩した後は、軽く晩御飯を食べるために街へ。
20時過ぎまで明るいのは本当に助かる。
そして、ボローニャの街中はほとんどの場所で屋根つきの回廊が
あって、歩行者はここを歩けばいいのでとても快適。
回廊は、ポルティコというみたい。
いろんなデザインがあって、どこも絵になるんだなぁ。
建物も屋根の色は茶色、
本体は、黄色・ピンク・オレンジの暖色系がメイン、
窓カバーの色はほとんど緑、と統一感がある。
ボローニャ、本当に美しい街です。

すごい腹ペコというわけでもないし、どうしようかなと
思いつつうろうろしていたら、カフェの前にたくさん料理が
置いてあって、ブッフェ+1ドリンクで何ユーロ、みたいに
書いている店がいくつか。

これなら軽くつまんでお酒飲めていいかも、
と料理がおいしそうに見えるお店に入ってみる。

一人客皆無…。
でもカウンターのお店の人が笑顔で迎えてくれて、
英語話すスタッフ来るからちょっと待って、と言ってくれたので一安心。

おススメの白ワインを1杯頼んで、
お料理をいくつか取っていただく。
カプレーゼのモッツアレラおいしいし、鶏とポテトのハーブ焼きとか、
グリル野菜とか、あたたかいお料理もけっこうあって、どれもおいしくて大満足。
これが前菜なんて。お腹いっぱいですよ。


ブックフェアで自分からどんどん人に話しかけたり、
晩御飯一人ででかけてみたり、自分ではものすごく頑張ったぞ!!
という1日でした。
[PR]

by tanakakyoko | 2016-04-14 00:00 | イタリア旅行 Italy | Comments(0)