たなかきょおこ-旅する絵描きの絵日記/Kyoko Tanaka Illustrated Diary


Copyright(c) 2010 Kyoko Tanaka All Right Reserved.
by tanakakyoko
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
君はよくやっている
at 2018-07-16 00:00
すごい暑さ
at 2018-07-15 00:00
クセがすごい
at 2018-07-14 00:00
子ども
at 2018-07-13 00:00
banana fish
at 2018-07-12 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

とちぎ洋館めぐりの旅

a0315977_11400155.png
↑パーラートチギでていねいに丁寧にコーヒーを淹れる店員さん。

連休だったのでとちぎ洋館巡りの旅へ。
片道約3時間。ゆっくりしたいので1泊で。

蔵の街として、街の至る所に山のように古い倉や日本家屋が立ち並ぶ栃木駅周辺。
それらに紛れて点在する洋館のかわいさに大興奮だった。
「歩き回って建物見て写真撮って何が楽しいんだよ!」と
最初はブチギレていた小さい人も、行く先々でかわいがられ、
「何だかこの街の人たちはみんな気遣いがすごくて優しいね。」
とだんだんご機嫌に。
確かに街の人々がとても温かくて、若い女の子の栃木弁が特にかわいかった。

宿のお姉さんは気さくに遊んでくれるし、
お店など行くたび「お菓子あげるね」とおまけもらったり。
浴槽のそばに金魚の水槽がある玉川の湯という銭湯も
お客さんも番台にいるおばさんもあたたかかった。
(初めての銭湯に行くと常連の人々から「何者?」みたいな
 不躾な視線を浴びることが多々あるけどここはなかった)

街中に流れる川とたくさんの小さな橋、古い建物。いい街でした。

[PR]

by tanakakyoko | 2018-06-22 00:00 | 洋館★Favorite Building | Comments(0)
<< パーラートチギ 角野栄子さんプレミアムトーク >>