たなかきょおこ-旅する絵描きの絵日記/Kyoko Tanaka Illustrated Diary


Copyright(c) 2010 Kyoko Tanaka All Right Reserved.
by tanakakyoko
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
晩酌の楽しみ
at 2018-12-05 00:00
人物
at 2018-12-04 00:00
むすび処 茶のまある
at 2018-12-03 00:00
近場ハイキング
at 2018-12-02 00:00
ゆったり土曜
at 2018-12-01 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2018年 09月 29日 ( 1 )


騎士団長殺し

a0315977_14285630.png
物騒なタイトル、そして村上春樹の小説は
過去の残虐な事件を的確に恐ろしく描写するので、
びびっていたのだけど、思い切って読んだ。
結果かなりの勢いで読了。
小田原が舞台だし、主人公は画家だし、
とても読みやすく面白かった。

次を読まずにはいられない、
気になる部分を残して話を進めていく書き方、
クラシック音楽に関する豊富な知識、
そして不思議な存在の登場。
村上春樹らしさ全開の、さすがの大作だった。

普段短編小説とか読んでて「書けそうかも」
と思ってしまうことがある。
(そう思ってる時点で素人丸出しなのだが。
 実際書いてみたら全然書けないんだろうし)
でも、村上春樹と山田詠美の小説は絶対書けない〜と思う。
あまりに村上春樹らしく、山田詠美らしい作品群。
発売日を待ちわびて、とかじゃないけど結局ほとんどの
作品を読んで、毎回はぁすごい、と唸らされるのであった。

[PR]

by tanakakyoko | 2018-09-29 00:00 | 展示・映画等 Arts | Comments(0)