たなかきょおこ-旅する絵描きの絵日記/Kyoko Tanaka Illustrated Diary


Copyright(c) 2010 Kyoko Tanaka All Right Reserved.
by tanakakyoko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
at 2018-08-11 00:00
夢中工作2
at 2018-08-10 00:00
ずーしーほっきーに一目惚れ
at 2018-08-09 00:00
ぶどうづくし
at 2018-08-08 00:00
井上酒造さん見学
at 2018-08-07 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2018年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧


複数拠点

a0315977_10454514.png
「家族が」「お金が」「仕事が」「体調が」
現実のあれこれ全部取っ払って、
全てが理想どおりになるとしたら、
どこで、誰と、どんな風に生きるだろうか。

ということをイメージするの、
大好きだし、有効なので時々やっている。
(やってみるのオススメです!)

で、最近やたらと出てくるのが「複数拠点」
(海外にアトリエ…?)

なんでしょうね。
とりあえずメモメモ。

安心な僕らは旅に出ようぜ
思い切り泣いたり笑ったりしようぜ

[PR]

by tanakakyoko | 2018-05-31 00:00 | 日々のあれこれ daily life | Comments(0)

沖田修一監督

a0315977_10061604.png
沖田修一監督の映画が好きだ。
南極料理人
キツツキと雨
横道世之介
滝を見に行く
モヒカン故郷に帰る
その沖田修一監督が画家の熊谷守一の映画を撮ったという。
熊谷守一の絵を見に豊島区の美術館に2回行った身としては
そりゃ観に行きます。

熊谷家のある夏の一日をていねいに、ゆっくりと、
ユーモラスに切り取る。主演のお二人はもちろん、
役者さんみんないい味出してたし、
横道世之介を観たときも思ったけど、
その時代の空気感が緻密に再現されているのが素晴らしい。

堪能したのだけど、観終わった後なぜかすごい頭痛と倦怠感で
帰宅後寝込み、12時間以上寝て回復した。
なんだったんだろ。

[PR]

by tanakakyoko | 2018-05-30 00:00 | 展示・映画等 Arts | Comments(0)

周りはみんないい人

a0315977_09072855.png
ちょっとしたアクシデントを通して、
いかに周りの人たちが優しくて、
日々かわいがってくれたり
色々気遣ってくれてるかに
改めて気づいた。
アリガタヤアリガタヤ。


[PR]

by tanakakyoko | 2018-05-29 00:00 | 日々のあれこれ daily life | Comments(0)

君のダメな所を言ってやる

a0315977_08273134.png
土曜の朝からどうでもいい言い合いをして、
駅まで一緒に歩く道すがら、ぷりぷり怒りつつ
小さい人が言う。

「君のダメなところを5つ言ってやる。
 1.すぐ悪口を言う!(このちびキノコが!とか)
 2.色々テキトーだし雑!
 3.あんまり働いてないし稼いでいない!
 4.ヘラヘラして何にも考えてない!」
(もう一個はなんだったか忘れた)

その通り!と思わず笑ってしまうと
「ほらまたヘラヘラして!!」と一喝。

なぜ奴はこんなに真面目なんだろうと思っていたけど、
ふとひらめいた。
今は「世の中での常識(とされていること)、正しい(とされている)こと」
を全力で自分の中に取り込んでいる時期なんだろう。
それらを一旦認識した上で自分がどうするかを決めるのはきっともう少し後のこと。

頭の回転が早くて賢いので、話してておもしろいです。

[PR]

by tanakakyoko | 2018-05-28 00:00 | 日々のあれこれ daily life | Comments(0)

麦焼処麦踏 〜小田原のパン屋さん

a0315977_15291129.jpg
展示をさせていただいた麦踏の記事がなかった!
と今更気づいたのでアップ。

ここのパン、本当に美味しいのです。
普段パン食べる時って、「パン」を食べてるから、
原料の小麦を意識することってないんだけど、
麦踏のパンを食べると小麦の美味しさを実感する。
食パンとかバターロールとか、シンプルなパンでそのおいしさを
まずは味わってもらいたいな、と思います。
焼きたてを縁側で食べると最高すぎます。
チーズのゴロゴロ入ったのや、イチヂクとくるみのも大好きです。

職人の宮下さんが早朝(というか夜中)から一人で作っていて、
週1しかない定休日は小麦畑耕してたりするし、彼はいったいいつ休んでいるのだろう…と
疑問に思ったりしますが、いつもお元気そうで本当にすごいと思います…
(おばちゃんのお客さんが「こんな細っこいお兄ちゃんが作ってるの!?」
 と言っていたのが聞こえてきてプププ、となったことも)

根府川駅から農道30分歩いてでも時々は行きたい!
パン屋さんです。

*小田原市江の浦307


[PR]

by tanakakyoko | 2018-05-27 00:00 | 小田原あれこれ Odawara | Comments(0)

こいつさん in Duvrovnik

a0315977_15072414.jpg
ドゥブロヴニクから船ですぐなのに、
着いた途端
野生のクジャクやうさぎがうようよいる島、ロクルム島にて。
散策していたら道に迷って結局島ほぼ1周してしまったなぁ…

[PR]

by tanakakyoko | 2018-05-26 00:00 | 世界のこいつさん Koitsusan | Comments(0)

フットワークが重くなる仕組み

a0315977_14135549.png
思い立ったら割とすぐ動く、
フットワークの軽さが売り(?)
だけど、時々腰が重くなる時があって
こうやって人はフットワークが重くなるのか〜
となんとなく実感した↓

やろうと思っていたけど、また今度でいいかとか
いつかやろうとかでやらないで放置→
その結果どんどん先送りになる→
先送りになるとだんだんまあいいか、それほど
やりたくなかったのかな、と思い始める→
いざやろうとしてもでもこうなったら、
これがあるからできない、と色々頭の中で
考えをこねくり回す→
考えすぎてやっぱやめとこうってなる。

要は考えすぎ。
頭の中のシュミレーション通りには実際はならない。
だとしたら、色々考えるのは無駄。
考える暇があったらまずはやってみる。
やってみて違ったらやめたらいい。
動きながら考える的な。
できるかどうか、とかうまくいくかどうかは関係なくて
やりたい→やる、以上。
動いているとまたどんどんいいこと思いついて、
さらに動きたくなってくるのだった。

考えすぎてる間にどんどん年取って死んじゃう〜

もっと軽やかに動いていこう。

[PR]

by tanakakyoko | 2018-05-25 00:00 | 日々のあれこれ daily life | Comments(0)

iwase cofee @三島

a0315977_14025777.png
↑三島 イワセコーヒーさんのタルトシトロン&ロイヤルミルクティー。

ここのお店、とても気に入りました。
ランチで食べたサラダはドレッシングがちゃんとからんでて、
自家製ピクルスは柔らかい味で、
チキンソテーは皮パリパリの上に粒マスタードソース。
バゲットはクセがなくてこれまた皮パリパリ。
全部オーソドックスなメニューなんだけど、丁寧に作られている感満載。
「食後に」といったロイヤルミルクティーが出てくるタイミングも
完璧で、思わずデザートも追加注文したよ。

(三島ショートトリップが楽しかったから翌日すごい勢いで5枚くらい
ちっちゃい絵描いた。エネルギー満タン。)



[PR]

by tanakakyoko | 2018-05-24 00:00 | 小田原あれこれ Odawara | Comments(0)

せせらぎショートトリップ2

a0315977_13521568.png
三島駅から3キロくらい。中郷温水池からのぞむ富士山。
裾野の方まで見えた。
何回見ても富士山みえるとうれしい。

たくさん歩いた後は、三島大社近くのカフェで
ランチ&デザートでまったり。
心惹かれた看板建築の写真を撮って、
三島大社に参拝して、帰ってきた。

熱海からたった2駅。
小田原から40分くらいだったかな。
さっと行けてめちゃくちゃエネルギーチャージできた〜!
身近にいいところ、他にも知らないだけでたくさんありそうだし、
これからもどんどん出かけていこう。

[PR]

by tanakakyoko | 2018-05-23 00:00 | 小田原あれこれ Odawara | Comments(0)

せせらぎショートトリップ1

a0315977_13425965.png
個展でお話しした方が
「三島は川の中を歩けて本当に気持ちがいいのよ!
 ぜひ行ってみて!」
と言っていたので、行ってみる。

これがものすごくよかった〜。
川の中を歩けるってどういうこと?と思っていたけど
木や石が敷き詰めれられていて、せせらぎを聞きながら
川の上を下っていくことができるのです。
川の音、めちゃくちゃ癒し…。
あまりに気持ちが良くて、1時間くらいずっと、温水池まで歩いた。
また行こう。

[PR]

by tanakakyoko | 2018-05-22 00:00 | 小田原あれこれ Odawara | Comments(0)