たなかきょおこ-旅する絵描きの絵日記/Kyoko Tanaka Illustrated Diary


Copyright(c) 2010 Kyoko Tanaka All Right Reserved.
by tanakakyoko
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
Happy Holidays..
at 2018-12-18 00:00
Happy Holidays
at 2018-12-17 00:00
血管年齢
at 2018-12-16 00:00
ホットココア
at 2018-12-15 00:00
生田家の朝
at 2018-12-14 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:個人旅行 ( 7 ) タグの人気記事


Day6 再びチンクエテッレへ

a0315977_750478.jpg


午前中いっぱいポルトフィーノでのんびりしたあとは
SML駅にバスで戻って再びチンクエテッレへ向かう。

電車乗るのにもすっかり慣れたし、乗換え2回あるけど
すぐ乗れる列車に乗ってみよう、と乗ってはみたものの超長い…。
帰りは指定席の直行便で帰ろうと思ったよ。

昨日なんとなくの流れで遊覧船に乗ったので
一瞬しかいなかったモンテロッソアルマーレへ。

5つの村で唯一砂浜の広々としたビーチがあるのです。
ビーチに降りて裸足になって足をつけてみる。
水、めちゃめちゃ冷たいっ!
日差しが強いとはいえ気温は25℃くらいだし、
水はすごい冷たいし、こんな中泳いでいる強者はすごいです。
気持ちはわかるけどね。

(以前イースター島に行ったとき、海で泳ぎたい人は水着持ってきて
 とガイドに言われ、どうしても泳ぎたくて服の下に水着来て行った。
 当時9月(南半球なので3月くらいの感覚)すごい水冷たかったけど
 イースター島で海水浴なんて二度とないかも!!と無理やり泳ぎました。
 楽しかった~。
 海に行くと必ず足はつけないと気が済まない私)

ビーチでゆったりぼんやり。
はー気持ちがいい~。

その後ぶらぶら散歩しているうちに
いつの間にか15時ごろになっていて、
少しお腹が減ってきたのでリオマッジョーレに移動することにする。
昨日食べた魚介のフリットの盛り合わせがもう一度食べたくて。
モンテロッソアルマーレの駅前にも売っているのですが、
駅前の露店みたいなところだったのでせっかくなので
おいしそうな方へ。この日はフィッシュ&チップスにして
安定のおいしさでした。

そんなこんなで今日もあっという間に夕方に。
チンクエテッレは5つの村全てに行くことはできたけど
1日半だとかなり駆け足。
余裕があればのんびり1週間とか滞在できるといいなと思った。

帰りは乗り換えなしの直行便でSML駅に戻ります。
明日は朝早くにSMLを出発。
いよいよ旅の終わりが見えてきたよ。
[PR]

by tanakakyoko | 2016-05-05 00:00 | イタリア旅行 Italy | Comments(0)

Day5 マナローラ&コルリニア

a0315977_18581438.jpg


電車にのって隣の村、マナローラへ移動。
村から村への所要時間はだいたい5分程度であっという間に到着。

マナローラは打ちつける波しぶきの白ときれいな海の青、
断崖の上には色とりどりの家々と段々畑。
どこもフォトジェニックでうっとりする風景。
写真撮りまくり。
この風景を眺めながらゆっくりできるカフェもあって
にぎわっていた。

他の村にも行ってみたかったので
私はここはさくっと通過。

隣のコルリニアに再び電車で移動。
駅を出るとなんかバスがいる。
丘の上にある集落に行くバスのようで、
チンクエテッレカードを見せたら
乗れるようなので早速乗って坂を登っていく。
電車の時間に合わせてバスが運行している模様。

急坂をのぼって5分ほどで集落に到着。
この村はチンクエテッレの5つの村で一番小さいらしく、
お店もほんの少しだし、本当にこぢんまりしている。
静かで落ち着く感じ。

"Homemade Lemonade"の文字に惹かれて
小さなお店でレモネードを注文したらお店の
おばあちゃんがその場で惜しげもなく
5個(!)もレモンを絞って作ってくれてびっくり。
そしてシロップとか一切加えない、
レモン果汁+水! 超シンプル!
でもさわやかでおいしかった。
暑くて汗ばむ陽気なので、のども体もとても潤いました。

ちなみに滞在中は毎日快晴で、日差しもかなり強く、
昼間はノースリーブで大丈夫なくらい。
日陰だとすんごく涼しく、
湿度の低いヨーロッパらしい気持ちのいい気候でした。
(生粋の晴れ女なのです)
[PR]

by tanakakyoko | 2016-05-01 00:00 | イタリア旅行 Italy | Comments(0)

Day5 リオマッジョーレに上陸

a0315977_18585646.jpg


一番手前の赤い建物がとてもかわいいリオマッジョーレで
船を下りて村を散策。

ここはテイクアウトできる食べ物屋さんがかなり充実。

小エビやムール貝、イカや白身魚等の魚介を揚げた
唐揚げの盛り合わせがとてもおいしそうで、さっそく
買ってみる。できたてで最高においしかった~。
太陽の下で飲むとヘロヘロになるので私は控えましたが
ビールとの相性も抜群だろうな。

この他にもパスタとか、ジェラートとかのお店、
かわいらしいお土産屋さんなど通り沿いにいろいろあって
歩いているだけで楽しい。
坂を上っていた先には教会もあったり。

ゆったり散策した後、そういえば鉄道の駅はどこなんだろう、
とふと思い通りすがりの人に聞いてみると、坂の下とのこと。

勝手に上の方にあると思っていたのだけれど、
船着場と逆の海のすぐそばにあるのですね。

ちょっと水族館みたいな青いトンネルの先に駅がありました。
村と村を結ぶ列車は約30分に1本なので、
駅の前のベンチでしばらく休憩。
駅の近くには特に何もなくて、
チンクエテッレカードを買った時に
もらえる細長い小さい時刻表を
見ながら移動の計画を立てるといいのだな、
ということがわかりましたよ。
[PR]

by tanakakyoko | 2016-04-29 00:00 | イタリア旅行 Italy | Comments(0)

Day5 遊覧船からの絶景 

a0315977_1850197.jpg

なんとなく流れに身を任せ(無賃で…)
遊覧船に乗ってチンクエテッレの村々を海側から眺める。
これが素晴らしかった~。
少し離れて見るので、断崖に建つカラフルな家々、
その上に連なる段々畑なんかがおもちゃのように見える。

一つ一つの村を、これがヴェルナッツァ、これがコルリニア、
マナローラ、リオマッジョーレ、とわくわくしながら確認。
村に近づくたびに、みんなそのかわいい建物に
吸い寄せられるようにたくさん写真撮影。

モンテロッソアルマーレ側から見ると反対の端っこ、
リオマッジョーレで船を降りることに。

波が高いと船は欠航になったりするらしいですが、
遊覧船でのアクセス、とってもおすすめです!
[PR]

by tanakakyoko | 2016-04-28 00:00 | イタリア旅行 Italy | Comments(0)

Day5 チンクエテッレとは?? 



チンクエテッレ(Cinque Terre)は「5つの土地」と
いう意味のイタリア語で、
イタリア・リグーリア州東部の海岸にある5つの村です。

11世紀頃に要塞都市として建設されて以来陸路がなく、
鉄道が敷かれるごく最近まで、村へは海から船でアクセスしていました。
険しい断崖の上に色とりどりの家々が建つ村は1997年に世界遺産に登録されています。

5つの村はそれぞれ個性があって雰囲気も違うので、
すべて訪問して自分のお気に入りを見つけるのも楽しいです。

ちなみに私の勝手なお気に入りランキングは以下。
①リオマッジョーレ
②ヴェルナッツァ
③コルリニア
④モンテロッソアルマーレ
⑤マナローラ
a0315977_18594997.jpg

[PR]

by tanakakyoko | 2016-04-27 00:00 | イタリア旅行 Italy | Comments(0)

旅の手配について

a0315977_16103499.jpg

↑こいつさんを探せ

手配の記録をざっと。
快適さ・楽さを重視したので
とにかく安く!を探すのにエネルギーは使ってません。
こういうの一個一個手配しながらどんな旅に
なるのかな~と思いをはせるのも楽しいです。
-----------------------------------------------------------------------
<航空券>
ボローニャのチルドレンズブックフェアに行ってみたい!
で始まった今回の旅行。
それ以外は何にも決めてなかったので、
とりあえずアリタリア航空の 成田⇔ミラノ を予約。
乗換えと待ち時間が面倒だから直行便に、
直行便はアリタリアのみでした。
JTBのサイトで予約。
出発前にe-ticketを印刷。

<宿泊>
「Booking.com」と「Airbnb」で予約。
普通の人がお部屋を貸しているAirbnb、
今回初めて利用したけどとてもよかった!
アプリも便利。

1泊目
・ミラノに夜着くのでミラノ中央駅から近い(徒歩2分)ホテルを予約。
 
2~3泊目
・ボローニャはAirbnbで民泊にトライ。 
 一人旅なので、あえて値段高めで
 ホストがおばさんのところにする。

4~6泊目
・後半の日程はチンクエテッレに行ってみたい!となり、
 拠点となりそうな海辺のきれいなリゾート地、
 サンタマルゲリータリグレのホテルを予約。

それぞれの場所の地図を印刷して持参。

<鉄道>
「RailEurope-Japan.com」で予約。
予定が決まっているところだけ、
ボローニャ→サンタマルゲリータリグレ間と
サンタマルゲリータ→ミラノ間のみ、予約。
あとは現地で。

チケットを印刷して持参。

最初はイタリアの鉄道、Trenitaliaのサイトから英語で予約しようと
試みたのだけど、何回もエラーがでて面倒になってやめました。
*ちなみに自分の国名を選ぶところでJapanを探したのに
 ぜんぜん出てこなくて、???と思ったら
 JapanじゃなくてGiapponeと表記されていた。
 てか、英語選んでるんだからそこの表記も英語にしといてくれよー
 と思いましたよ。

行ってからわかったことなのだけど、事前に予約しておくと
鉄道代はめちゃくちゃ安い。
同じ区間を当日買ったら倍くらいの値段でした。
安く済ませたい&予定変更がなさそうなら事前予約がおすすめ。

----------------------------------------------------------------------------------------------
これらの手配は全部日本語でWEBから。
便利になったものだなぁ。としみじみしました。
チケットや地図は印刷して持参したけど、別に印刷しなくても
スマホ画面でもOKだし。

15年前にヨーロッパ旅行をしたときは
数日後に泊まりたいユースホステルには電話して予約したりしていた。
時々インターネットカフェに行ってメールチェックしたり。
今はスマホ現地でもすぐ使えるしFREEWIFIの場所も多かった。
 
[PR]

by tanakakyoko | 2016-04-04 00:00 | イタリア旅行 Italy | Comments(0)

旅に出るまで

a0315977_15205416.jpg


旅慣れてるから
英語しゃべれるから
別に不安もないでしょ、
楽勝でしょう、
といったことをよく言われるのですが
全然そんなことないです。


空港から駅までまずは行けるやろか、
駅からホテルまで道わかるやろか、
暗くなってるだろうけど夜道大丈夫やろか、etc..
夜中に突然目が覚めてしょうもない妄想が膨らむことも・・。

そんなときにいつも頭の中をぐるぐるするのは
ウルフルズのバカサバイバーの歌詞。

------------------------------------------
おい!ぼやぼやしてる場合ちゃうぞ
グズグズしてても始まらへんのちゃうのん
内心ビクビクでもひざガクガクでも
こわないこわないほら行くで行くで行くで!
------------------------------------------

そやそや行くで行くで行くで~!!
と自分を奮い立たせて行くのです。
そして不安よりも初めてのことへのワクワクの方が
大きいから行くんだろうな。




海外に行くときは、航空券とホテルがセットになった
完全自由行動のパックツアーが多いのだけど、
今回は一から全部個人で手配しました。
それも含めて参考になればいいなと思うので
ちょっとずつ書いていきます。
[PR]

by tanakakyoko | 2016-04-03 00:00 | イタリア旅行 Italy | Comments(0)