たなかきょおこ-旅する絵描きの絵日記/Kyoko Tanaka Illustrated Diary


Copyright(c) 2010 Kyoko Tanaka All Right Reserved.
by tanakakyoko
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
Happy Holidays..
at 2018-12-18 00:00
Happy Holidays
at 2018-12-17 00:00
血管年齢
at 2018-12-16 00:00
ホットココア
at 2018-12-15 00:00
生田家の朝
at 2018-12-14 00:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:小田原 ( 77 ) タグの人気記事


めぐる四季 小田原 カレンダー販売中【個展は終了しました】


a0315977_14591690.jpg
(しばらくトップに固定します)

個展は無事終了しました。

カレンダーのご予約は引き続き11/30までです

予約特典でポストカード1枚プレゼントですのでよろしければぜひ。

特典はつきませんがカレンダー販売中です!

帰省のお土産やクリスマスプレゼントにもぜひ↓

https://koyurugi.jp/calendar



<無事終了しました↓>
--------------------------------------------------

この絵の右側にある倉で、2日間だけの展示をします。

春夏秋冬、季節を一回りして体感した

小田原の四季のうつろいを描きました。


「めぐる四季 小田原」
たなかきょおこカレンダー原画展
11月17日(土)・18日(日)10:00~16:30
内野邸穀倉 小田原市板橋602番地
*箱根登山鉄道「板橋駅」、 バス停「板橋」より徒歩7分

------------------------------------


[PR]

by tanakakyoko | 2018-12-30 00:00 | 小田原あれこれ Odawara | Comments(0)

むすび処 茶のまある

a0315977_12094776.jpg
キリがないので、小田原のお店はパン屋さんくらいしか
ブログに書いてないけど、たまにはお店紹介も。

 今日はお昼ご飯用意する気分じゃない
 めちゃくちゃ空腹、というほどでもない
 (=外食のランチは量が多すぎてパス)
 でも人の作ったご飯が食べたい!

という時にものすごくピタッとはまるのでたまに行く、
むすび処 茶のまある。

おにぎり2個と、たっぷりの汁物と、小さなおかず3品。
手作りらしい薄味で、量は少なめなのが胃に優しくてとてもいい。
(おじさんとかはおにぎり追加で注文しているのも見かけたりする)

障がいのある人たちが働いていたりする施設の中にあるからか
驚きの300円。

靴を脱いで入るし、ローカルでマニアックな展示とかもあるし、
ほっと和めるスペース。

「小田原ランチ」とかで検索しても出てこないであろう穴場です。

[PR]

by tanakakyoko | 2018-12-03 00:00 | 小田原あれこれ Odawara | Comments(0)

展示2日目

a0315977_09102783.png
展示二日目。

この日はツーデーマーチのコースから外れていたから、
前日よりはずいぶん静かだったけど、顔見知りの方など
終わってみればたくさんの人が来てくれた。
ありがとうございました!

終了時刻になって、片付けだ!と思ったら
「ちょっとあっちで休憩してきな」と当主の内野さん。
この日は隣の武功庵(喫茶処)が営業の日で、
そこを仕切っているえり子さんがその場で抹茶をたて、
栗蒸し羊羹を振舞ってくれたのでした。
ずっと倉で立って過ごした1日。
あたたかい抹茶と甘味がめちゃくちゃ染みたー。
なんと粋な計らい。

最初はこわいおじさんかと思ったら(←失礼)
ポスターコピーしていろんなとこに貼ったり、
道行く人に声をかけて展示会場に誘導したり、
たくさん人が来たからってご本人はなんの得もないのに、
内野さんには本当によくしていただいた。

他にも、
一年で一番人が通る(多分)日に会場押さえてくれたり、
車で搬入出手伝ってくれたり、
小さい人を1日中預かってくれたり、
ハガキを知り合いや馴染みの店に配ってくれたりetc..
そんなことを押し付けがましくなくさりげなく
当たり前のようにやってくれるみなさま。
周りの人に恵まれまくり。
ありがたやありがたや…

こんな人たちにどうお礼をしたらいいのかと思うけど、
そこは「ありがとうございます!」と遠慮なく受け取る。
でいいんだと思う。
私は日々気持ちよく、自分のできること(作品を創る)をして
それで周りを喜ばせることができるのだから!と開き直る。

ひたすらみなさまに助けられた、あっという間の2日間だった。
展示で直接いろんな人と話せるのは楽しい。


[PR]

by tanakakyoko | 2018-11-18 00:00 | 日々のあれこれ daily life | Comments(0)

展示1日目

a0315977_14055257.png
展示初日。
小田原ツーデーマーチ、というウォーキングイベントに
合わせて原画展を開催したのだけど、このイベント、
すごいたくさんの人が参加するらしい。1日4000人とか。
6,10,20,30km、コースも色々。

展示会場である箱根板橋界隈にも、ゼッケンをつけたたくさんの人が。
その人たちがドーッとやってきて去ると
TAKEFREEの以前の展示のポストカードが一瞬でなくなってびっくりした。

タウンニュースなどの掲載紙やポスターを見たと
地元の方も結構来てくださりうれしかった。

[PR]

by tanakakyoko | 2018-11-17 00:00 | 日々のあれこれ daily life | Comments(0)

アオイミネ 〜小田原のパン屋さん

a0315977_09174906.png
三の丸小学校の目の前にある小さなお店。
ここ、ワインとチーズのお店でパン屋さんではないのだけど、
売ってるパンが本当に美味しいのです。
スコーン、ミニバゲット、バターロール。

いつも売り切れて見たことなかったオバケパン
(Olive, Bacon, Cheese の頭文字をとってオバケパン)
を先日やっと買うことができたのだけど、
まさにワインが飲みたくなるような香ばしいパンだった。

家でお酒飲むことも随分減ったけど、近くにこんなお店があるのだから
今度はワインとチーズをここで買ってみたい。

店主は”移住組”。同じくらいの時期に東京から小田原に引っ越してきた
人に出会う機会が本当に多くて、ご縁て不思議だなぁと思う。

*小田原市本町1-9-55

[PR]

by tanakakyoko | 2018-11-09 00:00 | 小田原あれこれ Odawara | Comments(0)

春小麦 〜小田原のパン屋さん

a0315977_09292285.png
気になっていた小田急線螢田駅近くのパン屋さん
ようやく訪問。

食パン、カリッともちもちで
甘いパン類も美味しかった。

このパン屋さん、小田原アリーナに行く途中にある。
以前アリーナに用事があった時、
「自転車でいけますかねー」
と近所の方に聞いたら、
「遠いからとても無理よ」
と言われたのだけど、今回自転車で行ってみて
全然行ける範囲だと判明。
車社会の地元の人々に頻繁に
「そんなところまで自転車で行くの?」とよく驚かれるけど
片道10kmくらいならお天気よければ行ける範囲。

[PR]

by tanakakyoko | 2018-10-10 00:00 | 小田原あれこれ Odawara | Comments(0)

"Cartopia"に掲載されています

a0315977_02125699.jpg
自動車メーカー”SUBARU”の月刊誌Cartopiaの
箱根、小田原旅行特集の記事に
「小田原たてものさんぽ」載せてもらっています↓

Cartopia

ライターさんが地元の平井書店さんを取材されていて、
小田原の地元の本、というのを探していたけどピンとくるのが見つからず。
後日書店のHPを見たらさんぽ本のことが載っていて
これだ!と思ったそうです。
紙面差し替えで表紙の写真載せて下さりありがたい。
できたばかりの「箱根本箱」の記事もあるので
ぜひ読んでみてください。


[PR]

by tanakakyoko | 2018-10-05 00:00 | 小田原あれこれ Odawara | Comments(0)

騎士団長殺し

a0315977_14285630.png
物騒なタイトル、そして村上春樹の小説は
過去の残虐な事件を的確に恐ろしく描写するので、
びびっていたのだけど、思い切って読んだ。
結果かなりの勢いで読了。
小田原が舞台だし、主人公は画家だし、
とても読みやすく面白かった。

次を読まずにはいられない、
気になる部分を残して話を進めていく書き方、
クラシック音楽に関する豊富な知識、
そして不思議な存在の登場。
村上春樹らしさ全開の、さすがの大作だった。

普段短編小説とか読んでて「書けそうかも」
と思ってしまうことがある。
(そう思ってる時点で素人丸出しなのだが。
 実際書いてみたら全然書けないんだろうし)
でも、村上春樹と山田詠美の小説は絶対書けない〜と思う。
あまりに村上春樹らしく、山田詠美らしい作品群。
発売日を待ちわびて、とかじゃないけど結局ほとんどの
作品を読んで、毎回はぁすごい、と唸らされるのであった。

[PR]

by tanakakyoko | 2018-09-29 00:00 | 展示・映画等 Arts | Comments(0)

まちあるき

a0315977_17255778.png
近所のまちあるきイベント。
いろいろほー、と思いながら聞く。

今回の収穫は大正12年に関東大震災があったというのを認識できたこと。
この辺の古い建物で大正13-14年に建てられたものが多いな〜とうっすら思っていたが、
震災で建物が潰れたから再建しているんだ、とやっとわかった。
鰹節屋さんの建物は大正13年建築、震災後に資材が不足していたからか
柱が細いんだそう。
記憶するのが超苦手なので歴史とか苦手科目だったけど、
身近なものに紐付けられると年号などすっと入ってくるのだなぁ…

数少ない高い建物から下を見下ろせたのもすごくよかった。



[PR]

by tanakakyoko | 2018-09-18 00:00 | 小田原あれこれ Odawara | Comments(0)

天狗の世界

a0315977_12181063.png
ずっと行きたかった巨大な天狗の下駄のある最乗寺へ。
下界は曇りなのに山の方に上がっていくと霧雨。
湿気を帯びた、ひんやりとした空気が別世界。
「ここはやばい、なんかやばい」と警戒しまくる小さい人。

奥の院への何百段もある階段を一気に登ったら、
下りの帰り道に足がガクガクになった…。
(翌日以降ひどい筋肉痛に)

すごい場所だった〜。満足満足。

下界に降りてからもたくさん歩いて、小田原に戻ったら
だるまちゃんとてんぐちゃんのTシャツきてるおじさんを発見した。


[PR]

by tanakakyoko | 2018-09-16 00:00 | 小田原あれこれ Odawara | Comments(0)